こんばんは。佐藤です。

最近は腰痛の患者さんが多いです。
今日も拭き掃除をしていたときに腰を痛めてしまったという女性を見させていただきました。
50代女性
家で拭き掃除をしていたときに腰を痛めた。
痛めたときは腰の上からお尻の方まで全体的に痛かったが、湿布を貼り、次の日(来院日)には左側の腰に痛みが限定されてきた。
以前にもギックリ腰のようになったとき鍼治療をしたら早く良くなったのですぐに治療を受けにきた。
<視診>
左側腰部最長筋の腫脹があり、熱感は無し。
<触診>
左側腰部最長筋に著明な圧痛。
右最長筋、両中殿筋にも圧痛あり。
<治療>
上記視診と触診と問診により痛めた筋が推定できたので、鍼で治療をしました。

ー部位ー
最長筋(腰の一番大きな筋肉。脊柱起立筋のひとつ)
多裂筋(腰のかなり深部にある筋肉)
中殿筋(お尻の外側に付いている歩行時のバランスをとる筋肉)

鍼で痛みを出しているポイントを探しながら治療をすることで、活性化しているポイントを鎮静化することができます。

<施術後>
腰の痛みが少なくなり、動きもスムーズになりました。腰ばかり気になっていたのが、殿部のだるさがわかるようになった。

こういった急性症状の場合は連続で治療すればするほど痛みが早く取れます。
今回の患者さんには明日も来ていただくことになりました。

一番痛かった部分の痛みが取れても、他の組織も損傷を受けていることが考えられます。
今日の部位を治療しつつ、同時に他の部位も治療していきます。

最近はかなり腰痛の患者さんが増えています。
早めの治療を受けることをおすすめいたします。

佐藤将和

AD