パソコン、スマホ、テレビ、ゲームなど目に負担がかかるものを使わない日は恐らくないでしょう。目の疲れ・眼精疲労を感じている人も多いのではないでしょうか?眼精疲労が強くなると頭痛が出てきてしまう場合もあります。

最近では目を温めるアイマスクや目のピント調節をする筋肉に作用する目薬など様々な商品も出ていますね。
あまり知られていませんが、眼精疲労には鍼灸治療もかなりの効果を発揮します。
昨日私が治療した患者さんは元々は腰の痛みで診ていたのですが、ある時めまいが出たことがキッカケで首も治療しはじめました。
それから首を治療するたびに毎回目がスッキリするとおっしゃってます。
視力が良くないため、より目には負担がかかっており、相当疲れが溜まっているようです。
眼精疲労には
{3C54661A-95AC-490A-8D64-46342F4DD9BE}
首の上の方に鍼治療をすることで、眼精疲労に効果が見込めます。
首は様々な筋肉があり、症状ごとに細かく治療していく必要がありますが、眼精疲労には首の半棘筋という筋肉を治療します。
この筋肉は眼精疲労・頭痛・首のコリ・後頭神経痛・こめかみの痛みなど様々な症状を出す要因となり得ます。
慢性的に眼精疲労・目の疲れがある方は鍼治療を検討してみてはいかがでしょうか。
きっと今までとは違った効果が出ると思いますよ。