先日投稿したはりきゅうって効くの?シリーズ第二弾です。

今回は目の疲れです。これもよくある不調の代表的なものですね。

パソコン作業を1日やっていたら目が疲れたとか、携帯やスマホの見過ぎで目が乾く、ということはよくありますよね。他にも最近目が見えにくくなった、うまくピントが合わないなどを感じる方もいるでしょう。

この症状にはりきゅうは効くのでしょうか?

いつも効きますという答えでは芸がないので、少し細かく答えましょう。

目の症状では効かないものと効くものがあります。

例えば、はりきゅうでは視力を回復させることはできません。眼球そのものに働きかけるわけではないので、レーシックのような効果を期待することは不可能です。

しかし、目のピント調節をする機能に働きかけることはできます。

目の中の水晶体というレンズを厚くしたり薄くしたりすることで目のピントを合わせているのですが、その調節をするのは筋肉なのです。そして筋肉を支配しているのは神経です。はりきゅうをすることでその神経に間接的に働きかけることができます。また、目に対して栄養を供給している血管にも働きかけることができます。

はりきゅう治療をしたことで結果として目がスッキリする、目のピントがあってはっきり見えるというケースは多々あります。

目の疲れ、眼精疲労というのはほとんどがピント調節の疲労やモニターから発せられる光を受けることによる疲れです。はりきゅう治療はこの症状には高い効果を発揮してくれます。

ちなみに、パソコンなど画面を見ながらの作業によって現れる様々な症状のことをVDT症候群と言います。

VDT症候群に関してはこちらのページにも記載しておりますので、ご覧ください。

仕事で目が疲れているなど目の不調を感じている方は、はりきゅう治療を試してみてはいかがでしょうか?他の治療法では味わえない感覚で目の調子が良くなってくると思いますよ。

ぜひ、ご予約・お問い合わせください。

ご予約・お問い合わせはこちら

 

週末はりきゅう治療室さとう
佐藤将和
044-440-4967
masa.sato2016@gmail.com